よくある質問

Q.受験資格はありますか?

Answer.

ありません。
学歴・職歴・職種は一切問いませんので、どなたでも受けることが可能です。

■ご注意!!
ただし「薬学検定」の1級または2級を受験される方は、(試験時刻が重なるため)「美容薬検」を受験することができません。また逆に、「美容薬検」を受験される方は、(試験時刻が重なるため)「薬学検定」の1級または2級を受験することができません。
※「美容薬検」と、「薬学検定」の3級または4級は併願可能です。
(「美容薬検」と「薬学検定」は、同日・同会場で開催されます)

Q. 合格すれば、薬剤師と同じような資格が得られるのですか?

Answer.

得られません。
薬学検定・美容薬学検定は、英語検定(英検)やその他の検定試験と同様、ご自身の薬学の知識を一定の基準で以って、客観的に、かつ段階的に評価する試験です。

Q. どのような方が受験しますか?

Answer.

美容薬学検定は、美容と健康のための知識検定試験です。
化粧品(コスメ)やサプリメント、健康補助食品の販売に関わる方々には自己研修として、あるいは知識の確認に。また、このような美容分野に就きたいと願う方々には、第三者への自己PR用として最適です。そのほか、美容関係のアドバイザーやカウンセラーなど、美容分野の薬学の知識は広い範囲で役立ちます。
もちろん、自分をもっとシェイプアップ、シャインアップしたいという方にも。(男女問わず)トータル的なビューティケアの知識を身につけて魅力的な自分作りを目指す方にもサポートできる検定試験です。

Q. 合格したら履歴書・エントリーシートに書けますか?

Answer.

できます。自己PRの手段に使いましょう。
「美容薬学検定○級合格」と書いて、ライバルより優位にたって有利に就職活動を進めましょう。

Q. 合格点は何点ですか?

Answer.

全70問中、60%以上の正解(正解数:42〜48問) → 2級合格認定
全70問中、70%以上の正解(正解数:49〜70問) → 1級合格認定
※ 試験は1種類です。正解率によって合格級(1級・2級・不合格)が決まります。

Q. 薬学検定試験と併願することはできますか?

Answer.

「薬学検定」と「美容薬検」は同日・同会場(東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・仙台)で実施されますが、「薬学検定」の1級または2級を受験される方は、(試験時刻が重なるため)「美容薬検」を受験することができません。また逆に、「美容薬検」を受験される方は、(試験時刻が重なるため)「薬学検定」の1級または2級を受験することができません。
※「美容薬検」と、「薬学検定」の3級または4級は併願可能です。

■「薬学検定」と併願が可能な組み合わせ
「薬学検定 3級」(午前中) + 「美容薬学検定」または
「薬学検定 4級」(午前中) + 「美容薬学検定」のみとなります。

Q. どのような問題が出題されますか?

Answer.

基礎科目と専門科目に大きく分けられます。それぞれの科目は以下の通りです。
<基礎科目>(70問中、約30問)
<専門科目>(70問中、約40問)
※ 過度に難解な問題は出題されません。

詳しくは 出題範囲ページ をご覧ください

▲ページのトップへ